貸し方と注意点

他人に住居を貸す時には、当然トラブルはつきものです。基本的に物件の貸し主が直接トラブル対応をするということはありませんが、仲介に入っている業者がどこまで対応してくれるのかというのは必ず確認しておきましょう。入居者や物件に関しての管理をしてくれるかどうかは重要な点ですし、海外転勤などの場合は特にきちんと対応をしてくれる信頼できる業者に依頼する必要があります。家賃査定の際には、金額だけでなく信頼できる業者であるかもチェックしましょう。

貸す物件にいずれは戻りたいと考えている場合は、契約方法に注意する必要があります。法律では、きちんと家賃が支払われルールも守られている限り、貸し主側が一方的に退去を求めることはできません。転勤から戻ることになっても、入居者が拒否すればその物件に住むことはできないということになります。

そのため期間がはっきり決まっていたり、近いうちに戻りたいという意思がある場合には、定期借家としての契約を結ぶのがおすすめです。そういった提案をしてくれたり、しっかりと相談に乗ってくれる業者を選ぶようにしましょう。定期借家は借り手側にデメリットが多いため、家賃は安めになってしまいます。定期借家を検討している場合には、最初の査定の時から伝えておくとスムーズです。