マンションは資産

資産というと、金や株、賃貸用のマンション一棟というような、巨額の物を連想しがちですが、一戸建てやマンションの一部屋などの持ち家でも十分資産と言えます。住宅事情やライフスタイルの変化で、住居を購入するだけでなく一生賃貸で暮らすという選択肢も一般化しつつあります。一生の間に住居にかける金額という面で見るとどちらもあまり差はないと言われていますが、大きな差は資産としての価値です。賃貸住宅の場合は、あくまでも大家さんの持ち物なので資産価値はありません。自分で購入した住宅は資産価値を持ち、売ったり貸したりして収入を得たり、子供に相続することもできます。

若いうちに購入したが家族ができて手狭になった、購入してから転勤や転職で離れることになった、実家を相続した、介護のために二世帯住宅を建てたなど、様々な理由で持ち家に住めなくなる人はたくさんいます。そのような状況になった時に考えるのが、持ち家を売るのか貸すのかという点です。どちらが良いかは一概には言えませんが、貸す方がメリットが大きくなる場合もあります。

たとえば転勤の場合、数年後に戻れることが決まっているのであれば、売却する必要はありません。介護のために親と同居したが、いずれ戻りたいというのであれば、その期間だけ貸すというのも可能です。子供が大きくなったときに、一人暮らしするのに使いたいというケースもあるでしょう。では、マンションを貸したい時にはどうすれば良いのかを具体的に説明します。