貸し方と注意点

他人に住居を貸す時には、当然トラブルはつきものです。基本的に物件の貸し主が直接トラブル対応をするということはありませんが、仲介に入っている業者がどこまで対応してくれるのかというのは必ず確認しておきましょう。入居者や物件に関しての管理をしてくれるかどうかは重要な点ですし、海外転勤などの場合は特にきちんと対応をしてくれる信頼できる業者に依頼する必要があります。家賃査定の際には、金額だけでなく信頼できる業者であるかもチェックしましょう。

貸す物件にいずれは戻りたいと考えている場合は、契約方法に注意する必要があります。法律では、きちんと家賃が支払われルールも守られている限り、貸し主側が一方的に退去を求めることはできません。転勤から戻ることになっても、入居者が拒否すればその物件に住むことはできないということになります。

そのため期間がはっきり決まっていたり、近いうちに戻りたいという意思がある場合には、定期借家としての契約を結ぶのがおすすめです。そういった提案をしてくれたり、しっかりと相談に乗ってくれる業者を選ぶようにしましょう。定期借家は借り手側にデメリットが多いため、家賃は安めになってしまいます。定期借家を検討している場合には、最初の査定の時から伝えておくとスムーズです。

家賃の決め方

マンションを人に貸すのであれば、家賃を決めなければいけません。自分で自由に家賃を設定することはもちろん可能ですし、知り合いに貸すのであればお互いに話し合って決めるのが一般的です。ですが、都合良く住居を借りたいという知人がいるとは限りません。そういった場合は、業者に仲介に入ってもらい、媒介契約を結ぶ必要があります。

最初の家賃査定などの段階では、複数の業者に依頼するのがおすすめです。家賃査定の基準は会社によって異なるので、同じ条件でも金額が違うことはよくあります。また、一社だけだと相場から離れた金額でも気付けないため、損をしてしまったり入居者が決まらないということになりかねません。複数の会社に仲介に入ってもらえば、入居者が決まりやすいというメリットがあります。

家賃をいくらにするか決めるためには、2つの査定方法があります。一つは簡易査定と呼ばれ、間取りや周辺の物件を参考にして算出する、目安としての金額です。簡易査定の時点で想定よりも安ければ、売却を視野に入れても良いかもしれません。次に、実際に業者が物件に訪問する訪問査定です。部屋の状態によって金額が変わったり、マンション全体や周辺の環境に左右されることもあります。築年数の割に内装がきれいというようなプラスがあれば、その分家賃を高く設定することもできます。家賃が高ければ入居者は集まりにくいので、査定が一番高い会社に依頼すればよいというわけでもありません。相場を考えながら決めるようにしましょう。

マンションは資産

資産というと、金や株、賃貸用のマンション一棟というような、巨額の物を連想しがちですが、一戸建てやマンションの一部屋などの持ち家でも十分資産と言えます。住宅事情やライフスタイルの変化で、住居を購入するだけでなく一生賃貸で暮らすという選択肢も一般化しつつあります。一生の間に住居にかける金額という面で見るとどちらもあまり差はないと言われていますが、大きな差は資産としての価値です。賃貸住宅の場合は、あくまでも大家さんの持ち物なので資産価値はありません。自分で購入した住宅は資産価値を持ち、売ったり貸したりして収入を得たり、子供に相続することもできます。

若いうちに購入したが家族ができて手狭になった、購入してから転勤や転職で離れることになった、実家を相続した、介護のために二世帯住宅を建てたなど、様々な理由で持ち家に住めなくなる人はたくさんいます。そのような状況になった時に考えるのが、持ち家を売るのか貸すのかという点です。どちらが良いかは一概には言えませんが、貸す方がメリットが大きくなる場合もあります。

たとえば転勤の場合、数年後に戻れることが決まっているのであれば、売却する必要はありません。介護のために親と同居したが、いずれ戻りたいというのであれば、その期間だけ貸すというのも可能です。子供が大きくなったときに、一人暮らしするのに使いたいというケースもあるでしょう。では、マンションを貸したい時にはどうすれば良いのかを具体的に説明します。